2015 Milano Salone – wood layer –

 

Experimental_Creations_006Experimental_Creations_007Experimental_Creations_008Experimental_Creations_009Experimental_Creations_010
作品名 : wood layer
素材 : 木屑、レジン

木工作業をしていると木屑が必ず出る。一般的に材料費の計算をする際は、30〜70%の損耗率を加算して計上すると言われている。全てが木屑になる訳ではないが、それでも一つの木工品を作るだけでかなりの量の木屑が出る。それらの木屑は樹種によって色も違えば、加工する際に使用する道具や機械によっても形や大きさが変わってくる。このwood layerは本来ならゴミとして廃棄されるだけの木屑に新たな素材としての価値を見出し、資源の有効活用を図る試みである。木屑そのものの表情や質感、形状を活かすことで、今までに表現されてこなかった新たな木の魅力を引き出している。

name : wood layer
material : wood shavings, resin

You will always be left with plenty of wood shavings after working with wood. The attrition rate for wood material is generally set for 30 to 70% and you can imagine how wood shavings take up the significant part of it. The characteristics of wood shavings varies depending on the type of wood or machinery used to process them. In attempt to make effective usage of our natural resources, the designer experimented to add values to the wood shavings which otherwise goes to waste. As a result, he discovered a new surface expressions which shines the light on the advantages of excess wood.

2015.04.15

Milano Salone Satellite 2012

Fiera Milano, Rho
17/22 april 2012

milano2012

2013.07.20

Milano Salone Satellite 2013

Fiera Milano, Rho
09/14 april 2013

milano2013

2013.07.20

colette

colette

213, Rue Saint-Honore, 75001, PARIS

2013.07.17